革小物ベルト帽子 ハンドバッグ靴

<アイテム別メーカー一覧はこちら>

ブランドとは、「企業が消費者と交わす信頼の証である」と私たちは考えます。どんなに素晴らしいコンセプトやデザインがあっても、製品のクオリティがともなっていなければ、一流とは呼べません。

台東区をはじめとした東京の東エリアには、靴、カバン、バッグ、帽子、ベルトなどを専門に手がける優秀なOEMメーカーがいくつも存在し、国内有数の産地を形成しています。

このページでは、業界団体に加盟している企業約600社の中から、特に技術力、企画力、品質管理に抜きんでたメーカーを厳選。経営者へのインタビューを通じ、各企業の強みを浮き彫りにしました。

国内のベテラン職人による小ロット生産から、海外生産のコーディネートまで、貴社のブランドを任せるのにふさわしい企業が、この中からきっと見つかるはずです。

※問い合わせは各メーカーにお願いします。(各メーカーのページに連絡先を記載しております。)

靴

サンダー商事 ビジネスシューズ製造で豊富な実績。小ロットにも大量生産にも柔軟に対応。近年はカジュアルシューズ生産にも注力。

シバ製靴 1960年代から、いち早く自社ブランドを展開。国内と中国のハイブリッド生産で、コストパフォーマンスに優れた紳士靴を製造。

ダイナス製靴 自社で削り出したオリジナルの木型を使う、国産コンフォートシューズの元祖メーカー。ダイレクトマーケティングでも一日の長あり。

パイオニア 紳士靴の技術を活かした、ひねりのある婦人靴が人気。自社ブランド製品は、パリのファッション雑貨コレクションにも出品した。

カバン・バッグ

井上鞄製作所 革、帆布、化学繊維。異なる素材を巧みに使いこなし、ユニセックスなソフト調のバッグを手がける。

協和 ランドセル作りが培った質実剛健な社風。近年はスーツケース、ビジネスバッグのOEM生産、自社ブランドでも躍進。

サンバッグ坂本 クロコダイルのハンドバッグ製造ならお任せ。材料の一括仕入れによるコストパフォーマンスにも自信。

中村鞄製作所 全国の親御さんからの指名買いで毎年、生産数が完売してしまう、下町の知られざるランドセル専業メーカー。

ナース鞄工 手仕事の温もりと最新設備による量産性を両立。常識にとらわれないランドセルで業界を一歩リード。

丸ヨ片野製鞄所 得意先の多様なニーズに対応する柔軟さとセンス、職人の采配の妙が強み。鞄業界の「コンサルティング会社」

ヤマト屋 徹底した品質管理と顧客目線重視で婦人用バッグを製造。自社ブランド、ラビラビは大手通販で人気。

ヤマニ ライセンスブランドで培った戦略的なマーケティング力と、幅広い流通ネットワークを生かし、カジュアルな婦人バッグや婦人財布を提案する。

帽子

東ハット 日本でも数少ないフェルト帽専門のメーカー。幼稚園児用の園帽は年間10万個を生産。若者向けにデザイン性の高い帽子も提案。

エリシオ 業界屈指の腕利き職人を抱える、ブレード帽子の専門メーカー。海外から素材調達することでコストダウンを図る。

倉田 長年築いた外注先とのネットワークが自慢。紳士、婦人物、素材を問わず対応してくれる、業界のよろずや的存在。

サトー 布帛からニット、シルクまで、あらゆる素材の帽子に対応。熟練職人が手がけるハンチング帽には著名人のファンも。

シゲマツ スケールメリットを活かした安定供給とスピード納品。トレンドを一歩先読みする企画力に自信あり。

東光 自社工場にはCAD、CAM システムを導入。職人技との組合せで、高品質&短期納品を実現する帽子専業メーカー。

成島製帽 ベビー帽子で培った確かな技術とかぶり心地のよさに定評あり。家族経営の強みを生かし、小ロットの注文にも迅速に対応する。

ベルモード 皇室から御用を賜る業界の重鎮的存在。オーダーメイドの高級婦人帽子から、官公庁の制帽、通販会社のオリジナル帽子まで幅広く手がける。

吉川帽子 ニット帽の世界にデザインの新風をもたらす。自社ブランド製品は、パリのファッション展示会でも実績あり。

ベルト

エタニティ デザイン性の高いレディス、メンズのカジュアルベルトを生産。国内外に工場を持ち、効率良く顧客のニーズに対応。

モノーロ 国内の自社工場と海外27カ所にある生産拠点を生かした量産体制で、高品質な紳士ベルトを製造。

吉沢商店 レディースベルト、メンズベルト、小物まで幅広く生産。難易度の高いメッシュから高級皮革まで取り扱う実力派。

帽子

革包司博庵 ヨーロッパのメゾンブランドをも超える美しい仕上がり。セレクトショップのバイヤーが一目を置く、紳士財布のハイクオリティメーカー。

三和袋物 日本製かどうかではなく、「メイド・イン・三和袋物」であるかどうか。厳格な検査態勢のもとで、コードバンや鹿革などのデリケートな革財布を製作。

ヤマダ 過去の名品にならない技を磨く、温故知新の物作り。「ぶれない経営」で得意先と太いパイプを築く財布専門メーカー。

» OEM企画進行について

・お問い合わせの際は、「台東ファッションザッカフェアのホームページを見た」と言って問い合わせていただけるとスムーズです。
・お問い合わせは直接、各メーカーの担当までお願いします。
・営業及び企画内容の進行については各メーカーと直接行っていただき、台東ファッションフェア実行委員会は、取引について一切その内容に関与しません。