受賞作品
prize

第33回ザッカデザイン画コンペティション 受賞作品

大賞

クツ部門

inori


川又 龍人

会社員

この度は「大賞」および「審査員賞」という名誉ある賞に入賞させて頂き、大変光栄に思います。 私が美大生だった2016年から応募し続けてきましたので本当に嬉しいです。さて、この作品は制作の過程で画像生成AIを使っています。私たちの時代は今まさに大きなパラダイムシフトが起きており、瞬時に成果物を生成するAIの前にもはや従来のデザインプロセスは通用しなくなってくるでしょう。しかし、AIはあくまでツールです。作り手の役割は絶対に変わりません。今後も新しい技術を用いながらモノ作りの可能性を探っていきたいと存じます。

最優秀賞

カバン・バッグ部門

SIDE Ⅰ,SIDE Ⅱ


安田 玲奈

製造業、講師

ベルト・サスペンダー部門

Archer belt


川畑 俊樹

学生

この度は、最優秀賞という輝かしい賞を頂戴し、誠に光栄に存じます。 性別関係なく使用できるワクワクするようなアイテムをデザインすることを目指して取り組んで参りました。誰も見たことのないような形状でインパクトのある見た目にしたことによって、審査員の方々の目にとまったことをとても嬉しく思います。

財布・小物入れ部門

Croissant


東 由美

レザーイノベーション部門

LEATHER DIGITAL CLOCK


松橋 孝之

デザイナー

部門最優秀賞と審査員賞と、評価していただきありがとうございました。 前回の勝井さんの審査員総評を拝読した事が今回の応募のモチベーションのひとつでしたので、勝井さん選考の審査員賞に選んでいただけた事を特に嬉しく思います。 今回の受賞を励みに、より新しい革の使い方を模索していきたいと考えています。

帽子部門

PROTECT


佐藤 葉津菜

学生

この度は名誉ある賞に入賞させていただき、ありがとうござざいます。このような素敵な賞を受賞でき、光栄に思います。災害時のみ活躍するものではなく、日々の生活から備えファッション性のあるものを提案したいと思いデザインしました。この賞を今後の励みとし邁進していきたいと思います。

審査員賞

勝井 北斗 選考作品

レザーイノベーション部門

LEATHER DIGITAL CLOCK


松橋 孝之

八木 奈央 選考作品

カバン・バッグ部門

School bag(girl)


足立 澪音

鴨志田 康人 選考作品

クツ部門

Fit&Flare


尾林 嬉愛莉

南馬越 一義 選考作品

クツ部門

inori


川又 龍人

松屋銀座賞

財布・小物入れ部門

flex tool holder


塚本 祐江

優秀賞

クツ部門

  • +Fit.Armor

    松本 大也

    学生

  • Fit&Flare

    尾林 嬉愛莉

    学生

  • あみロングブーツ

    吉田 直央

    学生

カバン・バッグ部門

  • 白黒バッグ

    金田一 光流

    学生

  • おきあがりこぼしバッグ

    河部 佑美

    デザイナー

    この度はありがとうございます。日々過ごす中で、誰かとの会話のきっかけになったり、ふと気持ちがゆるむ瞬間をつくれるようなイメージでデザインをしました。この経験を糧に、今後もデザインをつづけていきたいとおもいます。

  • School bag(girl)

    足立 澪音

    学生

ベルト・サスペンダー部門

  • tailored suspenders

    野村 莉央

    学生

  • weave belt

    平下 湖々

    学生

  • Destructive

    Anahita Safaei

    学生

財布・小物入れ部門

  • インテリア ポーチ

    澤田 正治

    応募のきっかけは、自身のデザインに対する客観的チェックをすることが目的でした。今回このような賞をいただき自信となりました。小物のデザインはアクセサリー美が基本と考えますが、あえて空間におけるインテリア美にトライして新たな美を見つけることが今回の狙いでしたが、モノ単体のデザインにまで落とし込めなかったことが少し残念です。機会があれば再トライしてみたいと思っています。

  • page

    守屋 龍成

    学生

  • flex tool holder

    塚本 祐江

    フリーランス

    この度はこのような名誉ある賞をいただき大変光栄です。革は多彩な表情を持つとても魅力的な素材です。温かみがあったり、クールだったり、ソフトだったり、ハードだったり、どんなスタイルとも調和します。このツールホルダーも革の魅力と楽しいデザインで使うかたの生活を豊かにできればと思い制作しました。これからも革の魅力を伝えられる物作りを続けていきたいと思っております。

レザーイノベーション部門

  • チーズ

    東谷 百花

    学生

    多数の作品の中から優秀賞を受賞することができ、大変光栄に思います。本当にありがとうございました。色んなことが起きる毎日の中で机の前に座る方が少しでも楽しんでいただけるよう思いを込めてデザインしました。普段はお洋服のデザインをしているのですが、今回はザッカのデザインをするにあたっていつもとは違う目線でデザインと向き合うことができ、凄く楽しかったです。ありがとうございました。

  • Leather Roof Cover

    髙山 祐輝

    革という素材は経年変化を楽しみ、唯一無二の物に育てる文化があります。革靴は足に馴染むまで時間がかかりますし、スニーカーの様に走る事は出来ません。しかしながら大切に手入れをする事で味となります。そんな少し不便でも、一緒に走った思い出が刻まれるルーフカバーを描きました。

  • Leather Fusuma

    堀 一奈

    優秀賞に選んでいただき誠にありがとうございます。leather fusumaを考えたきっかけは、娘が自宅の襖に穴を空けたことでした。シンプルな襖が多いのでお洒落で可愛い物はないか、また、破れたことから丈夫な素材はないか考えていた際に募集を見つけ、レザーで作れたら面白そうと応募しました。交換も簡単で、部屋の模様替えにもなると思います。このような商品がいつか世に出ると嬉しいという気持ちを込めました。

帽子部門

  • peeled hat

    落合 幸栄

    学生

    何かおもしろいものを考えたいなと思い、革の裏表の質感の違いが果物の皮のように見えたことから、そこから発想してまるでリンゴの皮を包丁でするすると剥いているようなハットをデザインしました。入賞を夢見ていたので、賞に選出していただき大変光栄です。この貴重な経験を胸に、これからも柔軟な発想でわくわくするようなアイデアを生み出せるよう努めていきます。

  • ネコになれる帽子

    藤原 ももこ

    学生

    この度はこのような素敵な賞をいただけたこと、とても嬉しく思います。わたしがデザインしたものが受賞できると考えたことがなかったので驚きました。ふわふわしたもの、きらきらしたもの、かわいいものが好きなので自分のかわいいが評価していだだけたことが、これまで頑張ってきて良かったなと感じました。

  • 朝顔

    川村 理紗

    学生

    この度は優秀賞に選出していただき、大変光栄に思います。私は帽子の管理が苦手なことから、折り畳める帽子があったらいいなと思い今回の朝顔を考えました。この賞を励みに、これからも日常の小さな気づきに目を向け、想いを形にできるデザイナーを目指して努力していきたいと思います。